平本 高之

1988年生まれ、福岡県北九州市出身。小学校1年生からサッカーを始め、スポーツ特待生で折尾愛真中学校・高等学校に進学。大学に進学して教員免許を取得。大学卒業後、母校折尾愛真学園に所属し、体育教員と中学サッカー部の監督を兼任、チームを全国大会へ導く。その後、Jリーグギラヴァンツ北九州アカデミーコーチ(サッカー)を経て、プロメンタルコーチとして独立。現在、プロサッカー選手をはじめ、トップアスリートのメンタルコーチを行う。

メンタルコーチ実績

  • Jリーグ プロサッカー選手(J1.J2.J3.キャプテン)
  • Jリーグ 柏レイソル プロサッカー選手
  • Jリーグ サガン鳥栖 プロサッカー選手
  • Jリーグ 徳島ヴォルティス プロサッカー選手 etc
  • 海外プロサッカー選手(ヨーロッパ1~5部.キャプテン)
  • スペインリーガー
  • ブンデスリーガー etc
  • FIFA U-20女子ワールドカップ日本代表選手
  • 年代別 サッカー日本代表コーチ
  • 年代別 サッカー日本代表選手
  • フットサル 女子日本代表選手
  • WEリーグ プロサッカー選手
  • WEリーグ INAC神戸レオネッサ プロサッカー選手 etc
  • Jリーグ アカデミー選手
  • Bリーグ プロバスケットボール選手
  • Bリーグ 指導者
  • プロテニスプレーヤー
  • プロゴルファー
  • プロボクサー etc
  • その他競技 日本代表選手 etc

監督・コーチ実績

【折尾愛真中学校】

  • 全国中学校体育大会 全国中学校サッカー大会 出場
  • 全国中学校体育大会 九州中学校サッカー大会 第3位
  • 全国中学校体育大会 福岡県中学校サッカー大会 優勝

【Jリーグ ギラヴァンツ北九州】

  • 高円宮杯 JFA 全日本U-15サッカー選手権大会 出場
  • 高円宮杯 JFA 全日本U-15サッカー選手権大会九州予選 出場
  • 高円宮杯 JFA 全日本U-15サッカー選手権大会福岡県予選 優勝

思い

メンタルコーチングを通して世の中がより良く、またひとりひとりが自分を生かし、幸せな人生を歩んでほしい。

私が今メンタルコーチをしているのは、過去の経験や、自分に与えられたものなどさまざまなことがあります。

小学校1年生からサッカーをはじめ小学生の頃はサッカーがものすごく好きでした。

ありがたいことに中学生に上がるときには私立の中学校から声をかけてもらい特待で進学しましたが、その当時FWをやっていて「サッカーは点を決めることが楽しい、DFの選手は何が楽しくてやっているんだろう」とその当時は本当に疑問に思っていました。

しかしその時は突然訪れます。

たまたまトレーニング中のゲームでDFをした自分を見て総監督が「お前!!DFいいなぁ」と評価してもらい、その時自分は「終わった」と思いました。

そこからDFになってしまいサッカーに楽しみを感じることは一切なくなり、サッカーが大嫌いになりました。

毎日サッカーをやめたいとしか考えなくなり、毎朝サッカーをやりたくないと憂鬱に起きて、学校でもサッカーの時間が近づくにつれ憂鬱になる日々を何年も続けました。

それでもサッカーをやめなかったのは中学に上がるときに親から地元の中学でも私立の中学でも好きなほうに行くようにと選択させてもらったので「絶対に弱音は吐けない」「自分で選んだ道だから常に全力で一生懸命やる」とどんなサッカーに行きたくない日でも葛藤しながら弱い自分と闘いグランドに着くまでには絶対に切り替えて100%でプレーしていました。

技術が優れた選手ではありませんでしたが根性だけはあったので、そういった姿勢を見ている当時の仲間からは今でも「メンタルの鬼」「メンタルMAX」と言ってもらえ、今こうしてメンタルコーチをさせてもらっていることに天職だと言ってもらえます。

ただそれだけ苦しい中で頑張ってきた自分が高校時代、高校サッカー選手権大会という最後の大会で退場してしまい周りの選手の選手生活を終わらせるとともに自身の選手生活の幕をとじました。

チームメイトの中には今まで頑張ってきた姿勢を見てる選手から「お前でよかった」「お前じゃなかったら許せなかった」と声をかけてくれる選手もいましたが、全国出場の可能性があるチームで自分は周りの選手生活を終わらせてしまった不甲斐ない申し訳ない気持ちと、「なんでなんだ」「なんでこれだけ苦しい中で耐えて頑張ってきた自分なんだ」とその時はどれだけ考えても答えが出ることはありませんでした。

その後、調理師専門学校へと進み、その当時一生懸命全力で頑張ることが精一杯だった自分に悔しさも感じていたので、新しい道に進んで頑張ろうと精進していく中で、運よく世界料理オリンピックで日本代表キャプテンを務め優勝した世界一のシェフの元で実習をさせてもらえることになりました。

実習は私だけではありませんでしたが、自分だけ実習時間以外の時間も働き、始発で行って終電で帰っていました。

当時は学費も自分で払っていたため厳しい状況でしたが、アルバイト先に無理をいって休ませてもらい、無償で働いていたところシェフから自分だけアルバイトに誘ってもらい、シェフからうちで就職しろと言ってもらい就職の内定も決まっていました。

無意識にずっと心のどこかにあったのだと思いますが、高校最後の大会で退場して敗戦したことが心に引っかかり、急にこのままで終われないとシェフに謝罪して内定を蹴ってサッカーの指導者になるために大学に進学し、教員免許を取得してサッカーの指導者の道へと進むことを決めました。

指導者となってから自分や選手の心の動きや脳の部分に興味が出てきて心理学や脳科学などメンタルに関することを独学で勉強していく中で自分や選手に取り入れました。

また指導し始めてはじめはメモ程度に数行ノートをとっていたのですが、専門学校の頃に出会ったシェフがわざわざ自分が1人になったときにノートを見せにきてくれたことがありました。

A4のノートに毎日びっしり書いてあり毎日新しいメニューを考えることを課していました。

それを思い出し、当時の料理の世界は労働時間がかなり長く、睡眠時間も確保できない中でこれだけのことを毎日何年も続けてきて、やはり世界一になったりトップに行く人はこういう人なんだと、その日からA4びっしり書くようにして何年も続けてきました。

それは今でも自分を成長させてくれベースを作ってくれたと感じ、アスリートのメンタルコーチをしている今でも力となっています。

高校最後の大会で退場したときはなぜこんなことが起こったのか全く理解できませんでしたが、それがなければサッカーの指導もしていないし、指導をしていなければ心理学や脳科学にも興味を持つこともなかったと思います。

その時はわからなかった最後の大会で退場という点が、点と点が繋がり今こうしてみると線に繋がっています。

苦しいことも、嬉しいことも、厳しい世界も、素晴らしい人たちとの出会いもいろいろ経験させていただいたからこそ、それを生かして人や世の中に対して貢献していきたいと感じています。

人と世の中が幸せでよりよい人生を歩んでいけるよう心に寄り添ってメンタルコーチとしてサポートしていきたいと思います。