パフォーマンスの波をなくして試合で活躍する方法

目次

1.試合前日の準備

2.試合当日のメンタルコントロール

3.試合中のパフォーマンスの低下を防ぐ

4.まとめ


1.試合前日の準備

試合前日の準備は当日のメンタルの状態やパフォーマンスに大きな影響を与えます。

大事な試合の前日だからといつもはおこなわない特別なことをしてしまう選手もいますが、特別だと更に自分にプレッシャーがかかりやすくなることやリズムが崩れることでメンタルが崩れやすくなるので、普段通りに過ごすことが心をを整えることに繋がります。

食事や睡眠も重要になってきますが、睡眠就寝直前の食事は胃腸に負担がかかり筋肉に血液がいき渡らず翌日のパフォーマンスに影響してしまうこともあります。

また睡眠時間で脳や体の状態が大きく変わってくるのでベストな睡眠時間を知っておくことが大事ですが、そこに捉われると寝れないときにナイーブになるので目をつぶって横になるだけでも体は休まると考えましょう。


2.試合当日のメンタルコントロール

試合当日のメンタルコントロールも試合で活躍するために大事な要素ですが、起きてからの行動でその日の感情や心の状態に影響を与えます。

時間に余裕を持って準備することも重要なことで、当日の朝など時間に追われて焦ったり慌ててしまうと思考の状態も悪くなり集中を妨げる要因となってしまいます。

また試合のパフォーマンスを高めるために、試合までにどのような感情の流れを作り出すかも大事になってきます。

電車やバスでの移動などで好きな音楽を聴いたり、動画みてモチベーションを高める、チームメイトと楽しい会話をしてリラックスする、イメージトレーニングで感情を変化させるなども有効です。


3.試合中のパフォーマンスの低下を防ぐ

試合中のパフォーマンスの低下を防ぐことも波をなくすために大事なことですが、まずは何に対してパフォーマンスが低下しているか的確に原因を掴む必要があります。

チャンスでミスしてしまって次もミスすることに対しての不安なのか、観客からのやじに苛立っているのか、序盤の重大なミスを切り替えられないのか。

的確に原因を掴めたら次はどんな方法で改善していくのかですが、試合中のパフォーマンスの低下は無意識に自分にかけている言葉が原因のことが多くあります。

セルフトーク(自分が自分にかける言葉)と言いますが、無意識に回る言葉に気づき、どんな風に考えたり,言葉をかければパフォーマンスの低下を防ぎ高めることに繋がるのか試していきます。



4.まとめ

パフォーマンスの波をなくして試合で活躍するためにはいかに準備をしてメンタルを整えたりパフォーマンスが発揮できる状態を作り上げるのかと、実際にプレーしているときのどちらとものアプローチが欠かせません。

なぜ試合でパフォーマンスが発揮できないかや波の原因を的確に掴んで常に試合で活躍できるよう試行錯誤してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。