競技人生において自信を失った時に自信を持つ方法

目次

1.競技人生において自信を失った時に自信を持つ方法

2-1.自己肯定リスト

2-2.過去のポジティブリスト

2-3.感謝リスト

2-4.ハピネスリスト

2-5.ツイてるリスト

2-6.大事な人リスト

3.まとめ 


1.競技人生において自信を失った時に自信を持つ方法

競技人生において誰しも自信を失う時期やうまくいかない経験をすると思います。

そういう時期はどうしても自己否定をしてしまい、ネガティブになり負のスパイラルに入りやすいので、できるだけ早く頭と心を切り替えて良い方向に進み自信を取り戻すことが必要になります。


2-1.自己肯定リスト

自分の思考をできるだけ早くポジティブにするため自己肯定リストを作成してノートをとっていきましょう。

自分が自分で感じる自信のあること

自分が自分で感じる長所

自分の性格の良いところや好きなところ

人から褒められること人から認められること etc


2-2.過去のポジティブリスト

過去のポジティブリストを作成してノートをとっていきましょう。

過去に達成したこと

過去に乗り越えた経験

過去の実績・結果

過去に周りからかけられた嬉しい言葉

過去に認めてもらった経験 etc


2-3.感謝リスト

感謝リストを作成してノートをとっていきましょう。

誰に感謝しているか?

どんなことに感謝しているか?

自分のどんなところに感謝したいか?

1日の始まりにどんなことに感謝したいか?

1日の終わりにどんなことに感謝したいか? etc


2-4.ハピネスリス

ハピネスとは幸福・楽しい・嬉しいなどのこと。

ハピネスリストを作成してノートをとっていきましょう。

どんなことを考えると幸福か?

今の状況でも幸福と感じられるのは何か?

どんな未来をイメージすると幸福になるか?

どんな未来をイメージすると楽しい気持ちになるか?

どんな未来をイメージすると嬉しい気持ちになるか? etc


2-5.ツイてるリスト

ツイてるリストを作成してノートをとっていきましょう。

現在運がいいと思えることは?

過去運がいいと思えたことは?

未来でどんないいことが起こりそう?


2-6.大事な人リスト

大事な人リストを作成してノートをとっていきましょう。

誰のことを大事に思っている?(家族・友達・メンター etc)

その人達が自分に与えてくれたものは?

その人達にどんな恩返しがしたい? etc


3.まとめ 

競技人生において自信を失った時はネガテイブになっていてネガティブなことばかりを脳が集めてしまうので思考の切り替えが大事になり、全部のリストでなくてもいいので毎日おこなうことが大切で、朝と夜どちらともとるとより効果的です。

夜寝る前や朝一番の感情は特に自分の1日の感情に大きな影響を与えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。