トッププロもおこなうアファメーションで目標を近づける方法

目次

1.アファメーションとは

2.アファメーションで目標を近づける方法

3.まとめ 

 

1.アファメーションとは

アファメーションとは「肯定的な自己宣言」のことです。

なりたい自分になるための言葉による思い込みづくりのことになります。

トッププロも意識的にも無意識的にもこのアファメーションをおこなっていますが、正しい使い方をすれば目標を近づけ、間違った使い方をすれば目標からどんどん遠ざかっていきます。

 

2.アファメーションで目標を近づける方法

正しい使い方をすれば目標を近づけ、間違った使い方をすれば目標からどんどん遠ざかるアファメーション。

例えば「トッププロになりたい」「プロのスポーツ選手になりたい」が目標であれば「絶対にトッププロになる」「必ずプロスポーツ選手になれる」 etc

このような言葉がアファメーションになります。

この時重要なのは自分の心がどう感じているかで、心の動きを観察してあげることです。

「絶対にトッププロになる」⇒「自分がなれるはずがない」

「必ずプロスポーツ選手になれる」⇒「頑張っても自分には無理」

アファメーションをおこなった時に心がポジティブに反応するようであれば思考・感情・行動が目標とは反対の方に働いてしまうので受け入れられるような言葉に変えて目標に向かっていける状態にしてあげる必要があります。

「絶対にトッププロになる」

      ⇓

「自分がなれるはずがない」

      ⇓

「トッププロになる途中」

「今はトッププロになれる実力はないけど将来は必ず成し遂げる」

「今はまだできていないだけ」

「少しづつトッププロに近づけている」etc

「今」だけに目を向けると目標とのギャップに心が違和感や反発が起こることがあるので、このように「未来」は必ずなれる「今」はまだできていないだけ、成長している途中などの過程なんだという捉え方を変えてあげて心が受け入れられる状態をつくってあげましょう。

 

3.まとめ 

自分の目標を自分に宣言した時、自分の心がどう感じどう動くのか。

自分の心を大きく動かし目標に向かっていけるようなアファメーションにすることが自分の行動を最大化することに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。