夢・目標を達成するためのイメージトレーニング方法

目次

1.夢・目標を達成するためのイメージトレーニング方法

2-1.最終的に手にしたい結果・ゴールをイメージする

2-2.最終ゴールの先にある最高の未来、目的をイメージする(メタアウトカム)

2-3.小さいゴール(中間地点)をイメージする

2-4.成功ストーリーの全体をイメージする

2-5.臨場感を高めたイメージをする

2-6.ゴールを紙に書き出しイメージする

3.まとめ 

 

1.夢・目標を達成するためのイメージトレーニング方法

イメージトレーニングは様々ありますが、自分の無意識の部分を夢や目標に近づけるために効果を発揮します。

ぜひみなさんもイメージトレーニングを活用して夢・目標を近づけてください。

 

2-1.最終的に手にしたい結果・ゴールをイメージする

人の脳はイメージを実現しようとする性質があります。

自分が最終的に手にしたい結果・ゴールをイメージすることはものすごく大切で、繰り返しイメージするほど、ゴール達成への自信・集中力が高まります。

どのような結果やゴールを手にしたいのか?

ゴールを達成した時、何が見えるか?(人・状況・場所・景色etc)

ゴールを達成した時、何が聞こえるか?(人の声・音etc)

ゴールを達成した時、どのような感覚があるか?(胸が熱い・高揚感etc)

ゴールを達成した時、どんな気持ちか?(思考・感情・心の声etc)

 

2-2.最終ゴールの先にある最高の未来、目的をイメージする(メタアウトカム)

どうして最終ゴールを手に入れたいのか?という最終ゴールの先にある最高の未来へ意識を向けることで、本当の目的につながります。

それを明確に意識しイメージすることで、思考、感情、行動が大きく変わり、目標達成に近づけてくれます。

例えば「オリンピックで金メダルを取る」という最終ゴールに対して、「頑張っている姿を見せることで人が夢・やりがい・勇気をあたえたい」「スポーツを盛り上げたい」などが、最終ゴールの先にある最高の未来、目的になります。

どうして最終ゴールを達成したいのか?

最終ゴールを達成することが自分に何をもたらすか?

最終ゴールを達成することは、自分とってどのような意味があるか?

最終ゴールを達成することの目的は何か?

最終ゴールを達成することで、何ができ、何を得て、どうなれるか?

 

2-3.小さいゴール(中間地点)をイメージする

最終ゴールまでの道のりの小さいゴール(中間地点)を設定すると効果的です。

大きいゴールだけでは何をすべきかぼやけてしまうことがあるので、どこにいけば大きいいゴールを達成できるのかという間の小さいゴール(中間地点)を設定することが大切です。

小さなゴールの中で、より重要なゴールはどれか?

重要な小さなゴールは、いつ、誰と、どこで達成するか?

それぞれの小さなゴールを達成するためには何が必要か?

 

2-4.成功ストーリーの全体をイメージする

ゴール全体のイメージを紙に書き、どんなゴールを手にしていくのかなど、自分の成功ストーリーをビジュアル化します。

「現在」「小さなゴール(中間地点)」「最終ゴール」「最終ゴールの先にある未来、目的」をそれぞれ時系列順でよく目にはいるところに貼り、いつでも目にはいるようにしてイメージします。

必要なタイミングでイメージの修正・調整をおこないます。

現在はどんな状態?(現状)

手にしたい最終ゴールは何か?

最終ゴール達成後、何を得て、どうなれるか?(最終ゴールの先にある未来・目的)

最終ゴールまでの小さなゴール(中間地点)は何か?

これらをを手にするために何が必要?

 

2-5.臨場感を高めたイメージをする

臨場感を高めることが、イメージトレーニングではかなり重要。

五感(視覚・嗅覚・聴覚・触覚・味覚)などをよりリアルにイメージすることや、イメージした時の気持ちの高まり、実際に動いているくらいリアルなイメージをすることで、今この瞬感、目の前で起きているかのように、具体的で鮮明にイメージします。

集中してイメージトレーニングをおこえるのはいつ?

集中してイメージトレーニングをおこえるのはどこ?

 

2-6.ゴールを紙に書き出しイメージする

紙に書き出す方法はかなり効果的です。

イメージするだけのトレーニングと併用することで、メンタルトレーニングの効果が飛躍的に向上します。

紙に書き出すことで頭の中が整理されるので、ゴールのイメージをより具体的で詳細なイメージを持つことに繋がります。

ゴールへのイメージと意識を常に持つために定期的におこなうのがベストです。

A4のノートとペン

リラックスし・集中して、邪魔をされない環境

イメージを最適化したか?(修正・調整)

イメージが具体的かつ詳細か?

 

3.まとめ 

人の脳はイメージを実現しようとする性質があり、思考・感情・行動などが無意識のレベルでイメージによっていきます。

あいまいなイメージは実現しにくいので、五感(視覚・嗅覚・聴覚・触覚・味覚)などをリアルにイメージすることで、より具体的で鮮明なイメージを持つことが重要です。

自分の夢や目標を実現させるためにイメージトレーニング方法をおこなってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。