気持ちを引きずらないためのテクニック

目次

1.パーキングとは

2.パーキングを使った切り替えの例

3.まとめ 

 

1.パーキングとは

パーキングという気持ちの切り替えのメンタルスキルがあり、パーキングとは気になってしまう思考を一度頭の一部にパーキング(駐車)すること。

その、気になってしまう思考や感情については後で考えるようにします。

頭の一部にパーキングすることで、他のことに集中できる頭の状態を作り出します。

 

2.パーキングを使った切り替えの例

サッカードイツ代表のミロスラフ・クローゼ選手はブレーメンでプレーしていたシーズンに全く事実でない噂に悩まされていましたが、大衆紙に「妻がチームメートと不倫関係にあり、妊娠した」という記事が出され、完全な嘘の記事ですが、クローゼ選手はプレーに集中できなくなり、スランプに陥ってしまいました。

メンタルコーチにパーキングを行うよう教えてもらい、クローゼ選手はこれを実践して少しずつ調子を取り戻し、その後クローゼは2005-06シーズンにドイツリーグの得点王や2006年W杯で、5点を決めて大会の得点王に輝きました。

クローゼ選手は「メンタルコーチのおかげで試合に集中できるようになった」と感謝の言葉を語りました。また他の選手もパーキングを使っていて、サッカー日本代表の細貝萌(ドイツ/レバークーゼン)選手は、試合中にミスを犯した後の気持ちの切り替えに「パーキング」を使っています。

細貝萌選手は繊細なタイプで、ミスをした後に心理的ショックを引きずってしまうのが課題でした。

いったい、どうすれば気持ちをうまく切り替えられるのか悩みを抱えていた時に、スポーツ心理学者の先生に「ミスは頭の中の駐車場に一時停車しておいて、目の前のプレーに集中しよう。反省や修正は、試合が終わった後に好きなだけやればいい。」とパーキングを教わりました。

細貝萌選手はこれを辛抱強く実践して、見事に課題を克服。ある試合で「自分のファールから失点し、とにかく1度駐めておこうと、パーキングを使いました。すぐには出てこなくて、失点して少し経ってから思い出しました。もう少し早めに、自然に使えれば、もっとうまく切り替えられた気もします」と語っています。

 

3.まとめ 

考えるべきでない時に、いくら考えてもプラスには働きません。

今考えるべきでない思考やいらない感情は、頭の中にいろいろな引き出しを作っておいて、必要ないときはそこにしまい込んでおくことが必要です。

プレー中の気持ちの切り替えや、私生活をプレーに持ち込まないための気持ちの切り替えにも使えるスキルなので機会があれば実践してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。