ビジョンと目標設定

目次

 1.ビジョンと目標設定の違い

 2.まとめ

 

1.ビジョンと目標設定の違い

「ビジョン」と「目標設定」は同じもののように思われますが、実は違うものです。

 

 「ビジョン」・・・未来の自分の理想のイメージ(夢)

 

「目標設定」・・・ビジョンを達成するための階段(目印)

 

なぜこの「ビジョン」と「目標設定」が大切なのかですが、自分自身のモチベーションや競技を指導する立場の人であれば指導している選手のモチベーションにも関わってきます。

ただ「ビジョン」だけでは今の自分からは遠すぎてモチベーションの維持をすることが難しいため、「長期目標」、「中期目標」、「短期目標」などをセットして行く必要があり、特に「短期目標」を見て日々の行動の質を変えていくことが必要なのです。

基本的にはこの「ビジョン」と「目標設定」がなければ、なんとなく人生と日々を生きることとなり、ただこなしていくことになってしまいます。

自分の明確な「ビジョン」を持ち、「目標設定」というショートゴールをクリアしながら進んでいくことが重要なのです。

 

2.まとめ

孫正義(ソフトバンク社長)さんは「自分の持った夢に自分の人生はおおむね比例する結果を生む、小さい夢だったらその夢の範囲の中で80%達成できるのか50%なのか」「志高く、人生一回しかない」と語っています。

「ビジョン」にも様々あり「世界一の選手になりたい」、「世界一のものを作りたい」という高さを求める夢だけでなく、「一人でも多くの人を幸せにしたい」、「一人でも多くの人を救いたい」という広さを求める夢も立派な夢であり、ビジョンになります。

自分の心が動く「ビジョン」を設定して、そこに向かって行動するということが重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。